シャノアール劇場「放蕩息子」ポスター

¥100,000

在庫1個

説明

Artist: Henri Riviere attributed to  アンリ・リヴィエールではないかと言われている
Title: Theatre chat noir          シャノアール劇場「放蕩息子」

Year: Ca1895
Technique: LI
Condition: A-
Size: 56 x 40.5 cm

黒猫のシルエットが影絵を示唆するが、このデザインは毎日の公演のポスター用に繰り返し使用された。

アンリ・リヴィエール(Henri Rivière, 1864年3月11日 – 1951年8月24日)は、フランス・パリ出身のポスト印象派の画家。ジャポニスムに深い影響を受け、北斎の『富嶽三十六景』にちなんで作られた『エッフェル塔三十六景』が有名。日本では、フランスの浮世絵師と謳われることが多いが、リヴィエール自身は来日したことはない。しかし、浮世絵を収集し、独学で木版画技術を習得、フランスの自然の微妙な表情を、素朴で澄明な作品を生み出した。

1880年代、芸術家達は猫の柔軟な体や動きに魅了された。そして黒猫は、スタンランの作品が示すように、柔軟な動きや姿態の表現適したモチーフとなった。柔軟な体を持つ黒猫のイメージがシャノアールを介して影と結びつくようになる。