「猫のおもちゃ絵」クリアファイル

¥330

サイズ:A4

説明

擬人化された猫が曲芸をしたり、三味線を弾いているとてもユニークな浮世絵をクリアファイルにしました。
作者は歌川国麿で、江戸時代末期から明治時代初期にかけての活躍した浮世絵師です。

「おもちゃ絵」とは、幕末から明治中期にかけて作られた、子ども向きの浮世絵のことです。読み物や漫画、図鑑的な情報をはじめ、切ったり組み立てたりして遊ぶものや、双六、着せ替え人形などもあり、玩具として大きな位置を占めていました。
そのなかでも人気が高く、現在でもファンが多いのが猫の絵です。

こちらのファイルは、栃木県の那珂川町馬頭広重美術館で開催された「大佛次郎生誕120年記念 秋季特別展 大佛次郎と501匹のねこ」展にて販売されておりました。

Web上の画像は、ファイルを複合機でスキャンしたため、上下左右が若干切れて映し出されており、また、実際のファイルと画像の色味が若干異なることがありますが、ご了解くださいますようお願いいたします。